破産宣告の費用の相場を知ろう~知ることから始める破産宣告~

破産宣告の費用の相場を知ろう~知ることから始める破産宣告~

破産宣告の費用の相場を知ろう~知ることから始める破産宣告~

個人の借金が膨れ上がり、返済不能に陥った場合に最後の手段は裁判所に破産宣告をしてもらうこと(自己破産)です。裁判所に破産宣告を申告する手続き費用そのものは2万5千円程度ですが、弁護士や司法書士に手続きを依頼すると別に費用がかかることになります。破産宣告時に所有している財産があれば処分する件数に応じて手数料がかかるので、手続きに必要な費用は一概に同じ金額とは限らずに状況によって大きく異なります。多くの場合、弁護士に破産宣告の手続きを依頼する場合は40万円~80万円程度で、平均で50万円程度かかります。司法書士に破産手続きを依頼すると平均40万円程度の費用がかかりますが、弁護士よりもできることが限られます。一昔前は弁護士に依頼して破産手続きに要する費用の平均が100万円という時代があり、それに比べたら随分安くなりましたがそれでもかなりまとまったお金が必要になることには変わりません。弁護士や司法書士に依頼せずに自分で裁判所に行って破産の手続きを行うのであれば裁判所に支払う手数料のみで済みます。自分で破産宣告の申請を行う場合には無料の法律相談所などを利用して、手続きに必要なアドバイスを受けることができます。自己破産の手続きを行ったら必ず破産宣告が出される、という訳ではありません。債務者にある程度の収入があり、借金の返済が可能であると裁判所が判断した場合には破産の宣告が下りない場合があります。裁判所により破産が認められる基準(おおむねの相場)は、債務額が年収の2倍以上であり、債務内容がギャンブルや投資によるものではないこと、収入が少ないかほとんど無くて債務の返済が困難であることです。